FC2ブログ移転のお知らせ

手っ取り早く表情モーフを修正する


 

※2018.09追記:この記事はblender2.49でのモーフ修正メモです。
現在triファイルはblender2.7系でもインポート・エクスポートが出来るようになりました。
当記事のやり方は古いのでおススメしません^^;


ようやく「見せられないよ!><;」レベルだったCombatShoutがそこそこ見られる顔になりましたw
頂点編集なしで出来る、表情の強さを弱める方向でのモーフ修正の備忘録です。

モーフってなんぞ?という方はこちらのページで詳しく解説されているのでご覧下さい。

以前は.triファイルをちまちま頂点編集しながら表情の修正に頑張っていたのですが、自分の力では限界がありまして。
口パクがきれいにならなくて諦めていました。

これまでの口パクはこんな感じですw

で、ちょっと試してみたことが上手くいったのでメモしておきます。
まずはあらかじめゲーム上でmfgコンソールを使いキャラに表情をとらせて、どの程度まで表情を弱めるかを決めておきます。
例えばCombatShoutなら、数値を100→90→80…と弱めていって、自分にとって許容できる表情になったらその数値をメモしておきます。ちなみに自分は30でしたw


この作業をDialogue~・Mood~の表情系全てと、phoneme全てで行い数値をメモします。

次にblenderでの作業です。
今回インポートしたtriファイルは
malehead.tri
eyesmale.tri
maleheadbrows.tri
mouthhuman.tri
の4つです。追加種族にのみ適用するならこれだけで十分かな。
髭付きキャラなら髭用のtriファイルも必要です。
※必ずバックアップは取ってください。


赤枠で囲った部分を変更していきます。


例としてMoodDisgustedの変更方法を。
私的な印象ですが、どの表情も感情表現が豊かすぎるというか…数値を最大にすると顔芸のようになってしまうので;
mfgコンソールで表情を作っていても、数値を100にすることなんてほぼ無いんですよね。
だったら初めから現在の数値50くらいの表情が最大になっても問題なさそう、という考えに至りました。

■変更手順


任意のシェイプキーを選びます。
①Maxの値をメモしておいた数値に変更(50なら0.5になります)
②スライダーを0から最大値に動かしておきます。
③シェイプキーの名前をコピーして、④のAdd Shape Keyを押し、新しいシェイプキーにコピーした名前をペーストします。
元のシェイプキーを選択して削除します。
この変更作業をインポートしたtriファイル全てに行い、後は通常通りエクスポートしてください。

これだけの作業なら一時間程度で出来ました^^;今までちまちま頂点弄ってた時間は一体…。
ただ、最終的な微調整なんかはさすがに手作業でやったほうがきれいに仕上がると思いますが、下手に弄って却って表情が崩れることもありえるので自分はもうこれでいいやという感じですw

で、修正後に歌わせてみました。

今まで口の動きがとても気に入らなくて歌わせることも無かったのですが、これなら何とか。
日本語音声なら割と口の開きが少なくても違和感ないかなと。
スローでも一時停止でもほぼ破綻の無い口元になってくれて嬉しい限りです(*´ω`*)

これは手のメッシュも頑張って早いとこ仕上げないと!モチベが沸いてきた~ヽ(・∀・)ノ

ここまで書いてきてなんですが、これだけ簡単な表情修正方法だと既にどこかで書かれているかもしれない…。
二番煎じの解説でしたらごめんなさい;


 

7
TOPへ